トップページ > 各種情報 > ロータリー情報 > 過ぎし時に敬意を表して:ポールハリス語録

過ぎし時に敬意を表して:ポールハリス語録

関場慶博JRIC理事が、日々の徒然なるメッセージ共に綴る、
珠玉のポールハリス語録を、メーリングリストで配信。
 

********************************************************
 関場慶博 sekiba@japan.email.ne.jp
 せきばクリニック http://www.asahi-net.or.jp/~ya9y-skb/

  弘前アップルロータリークラブ会員
  国際ロータリー第2830地区2000-2001年度ガバナー
  米山記念奨学会2012-2013年度選考委員会副委員長
  国際ロータリー日本青少年交換委員会(RIJYEC)監事
  全国ロータリアンインターネット協議会(JRIC)理事
******************************************************** 


★ポールハリス語録76 (2014年3月22日配信)

4ヶ月半の旅行で、日本、中国、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランドのロータリアンと出会い、アメリカのロータリアンは視野が広がり、心優しくなり、経験を積み人生が豊かになった、と感じることができました。
これは、オリンポス山、富士山のように明確で厳然たる事実です。
すべての国がすべての国を必要としていて、どの国もかけがえのない国である、という事実です。
(旅行記、第2巻)
 
No American Rotarian could meet the Japanese, Chinese, Philippine, Australian, and New Zealand Rotarians whom we met in four and one-half months of travel without feeling that his outlook has been broadened, his mental processes sweetened, his life enriched by the experience. There is one fact that stands out clear and huge as Mount Olympus, or Fujiyama for that matter, and that is the fact that all countries need all countries; not one of them can be spared.
(Peregrinations, Vol. 2)


★ポールハリス語録75 (2014年2月10日配信)

ロータリーの精神を持っていることが、会員資格の唯一の必要条件とするなら、
私たちの会員数は1,000倍にもなるでしょう。
幸いにもロータリー精神には版権がありません。
(ロータリーの理想と友愛)
 
If possession of the sprit of Rotary were the only qualification requisite of membership, our numbers would be increased a thousandfold. There is , fortunately, no copyright on the spirit of Rotary.
(This Rotarian Age)
 
☆ロータリーアンの資格って何なのでしょうか?ここにポールハリスの答えがあります。


★ポールハリス語録74 (2014年1月2日配信)

国家がもつことのできる最大の資産は、平和という資産です。
それは、耕地よりも、豊かな鉱山よりも確かなものです。
(ベルギー、オステンドで開かれた1927年RI国際大会でのメッセージ)
 
The greatest resource which a nation can have is the resource of peace; it counts for more than arable lands, more than of untold riches.
(Message to 1927 RI Convention, Ostend, Belgium)


★ポールハリス語録73 (2013年11月20日配信)

隣人愛と友情をはぐくむ機会を無駄にすることは、海にダイアモンドを捨てるより愚かなことです。
日々の労苦が重くのしかかっていませんか?
夕べに友が訪れれば、憂鬱は消え、気分新たになるでしょう。
家から家へ通じる道の往来がもっと活発になるような世界が望まれます。
隣人が訪れる道は、正門でなく裏木戸ということもありましょう。
私たちの父親の世代では、人々は単に「立寄った」ものです。
「訪問する」より「立寄る」ことのほうがはるかに愉快です。
私たちは、「余分の料理」を決して忘れることはできません。
これが、善意を示すものなのです。
隣人の訪問は、この世の最高の強壮剤です。
牛肉、鉄剤、ワインにまさります。ぜひお試しください。
(ロータリーの理想と友愛)

 

To waste one’s opportunities to cultivate neighborliness and friendship is more foolish than to cast diamonds into the sea. Are you heavy-laden with cares of the day? A neighborly call at eventide will drive dull care away and start you out anew. The world needs more well-beaten pathways from door to door and, incidentally, neighborly pathways should lead to back doors, not front doors. In the days of our fathers, folks just “dropped in.” It is much better to “drop in” than to “call” and may we never forget the “extra plate”; it is a harbinger of goodwill. A neighborly visit is the best tonic that’s known ? better than beef, iron and wine. Try it, I beseech you.
(This Rotarian Age)


★ポールハリス語録72 (2013年10月4日配信)

フェローシップは素晴らしい。それは人生の小道を照らし、喜びを広げます。
たいへん価値があります。

(ロータリーの理想と友愛)

Fellowship is wonderful; it illuminates life’s pathway, spreads good cheer, and is worth high price.
(This Rotarian Age)


★ポールハリス語録71 (2013年9月18日配信)

ロータリーは、友情を含め、人間としての考え方や希望を、最も素晴らしく
同時に最も力強いまでに、きらめかせてきたパイオニアです。
(スコットランド、エジンバラで開かれた1921年RI国際大会でのメッセージ)
 

Rotary is a pioneer blazing the trail to the finest and at the same time the mightiest of human conceptions and aspirations, all-inclusive friendliness.
(Message to 1921 RI Convention, Edinburgh, Scotland)


★過ぎし時に敬意を表して:番外編1 (2013年8月19日配信)

「ロータリアンの不平には3種ある。
その1つは、倦きる、いっこうにつまらぬと言って出席しない。
これはどの団体にもあっていたし方が無い。
その2は、ロータリーの活動が足りない。もっと社会的にも
政治的にも口を出せと力こぶを入れる人で、このため
国際ロータリーでは国際連盟にオブザーバーを出すことになった。
その3は、ロータリーはどこへ行くかと悲観する人であるが、
ロータリーは見えないところに仕事があり、目立たないところに妙味がある」
(米山梅吉)

米山梅吉翁は青森県にもゆかりが深い人で、貧しい村の農業振興のために
多額の援助をしたり、癩病の施設をお土産を持って慰問していました。


★ポールハリス語録69 (2013年8月10日配信)

ロータリーの立場を決めるのは、もちろん主として個々の会員の立場です。
このように考えると、自然の成り行きとして、私たちは強力で著名な
実業家たちから新会員を求めようとします。しかし、大銀行に列しているから
といってその会員候補者が必ずよき会員になると思い込むのはやめましょう。
資産よりはるかに重要なことを考慮して下さい。
何よりもロータリーの民主性を守らなければなりません。民主的な精神は、
すべての価値ある組織の繁栄に不可欠です。しかも、それは、
ロータリーの活力のきらめきです。
ロータリーを単なる金持ちクラブにしてはなりません。
私たちの組織の民主性をいつも高潔に保っていれば、私たちの事業の水準を、
夢にも思わなかったようなレベルまで高め、そのレベルに到達したいと思うようになるでしょう。
(米国、オハイオ州、シンシナティーで開かれた1916年RI国際大会でのメッセージ)

The standing of Rotary is, of course, largely dependent upon the standing of its individual members. This thought naturally leads us to seek new members from the ranks of strong well-known businessman…Let us not, however, become obsessed of the idea that a prospective member will necessarily become a good member just because he has a large bank roll. There are considerations far more important than those of possessions. We must guard the democracy of Rotary beyond all things. The democratic spirit is essential to the welfare of all worthwhile organizations, but it is the very life spark of Rotary. Rotary must never be permitted to become merely a rich man’s club. With the democracy of our organization kept always pure, we hope to attain hitherto undreamed-of heights in the elevation of business standards.
(Message to 1916 RI Convention, Cincinnati, Ohio, USA)


★ポールハリス語録68 (2013年7月21日配信)

クラブの歌唱について
選曲が適切でなければ、歌は講演者の構想を混乱させ、効果を損なう
場合があります。経験の浅い講演者は、このような場合、完全に足を
すくわれ、会合の雰囲気に何とか合わせようとして折角入念に準備した
スピーチを即席のスピーチに代える場合も多々あります。ソングリーダー
には多大の責任があるのです。会合の正否がソングリーダーの双肩に
かかっていることが少なくないのです。
(ロータリーの理想と友愛)

On Club Singing
If a suitable selection has not been made, the songs may serve to disturb the composure of the speaker and thereby impair his effectiveness. Many an inexperienced speaker has been thrown completely off his stride and moved to substitute an extemporaneous speech for one carefully prepared, in a desperate effort to adjust himself to the spirit of the meeting. Much responsibility rests upon the shoulders of the song leader; it is not infrequently within his power to make or break a meeting.
(This Rotarian Age)


★ポールハリス語録67 (2013年7月17日配信)

新会員に助言したと仮定しましょう。新会員に同僚ロータリアンが
何を考えているか、同僚ロータリアンの問題は何か、どのようにして
その問題を解決しようしているかについて観察するよう提言します。
ロータリーは基本的には教育課程だと新会員はわかるに違いありません。
ロータリーは、地に足をつけるよう手助けをします。
ロータリーは、物事には内面と外面とがあることを教えてくれます。
(ロータリアン誌、1946年2月号)

“What would you, as a man old and experienced in Rotary, like to tell the new Rotarian if you had the opportunity?” That question was put to a large number of Rotarians by Edwin J. Brown, dean of University College, St. Louis University, and a member of the Rotary Club of St. Louis, Missouri….
Well, suppose that you advise your new member to get intimately acquainted with each and every member as a first step. Suggest to him that he make observations as to what his fellow members are thinking about, and what their problems are, and how they are trying to solve them. He must see that Rotary is fundamentally an educational process. Rotary helps a man to keep his feet on the ground.
It helps him to get the “low-down’ as well as ‘high-up’ on things.
(The Rotarian, February 1946)

☆ロータリーは基本的には教育課程である・・・昨今のロータリークラブでは
この辺がなおざりにされているのかも知れません。


★ポールハリス語録66 (2013年7月3日配信)

社会のニーズに貢献する最も身近で適切な手段として
自分の職業を高揚させることによって広がる見通しほど
魅力的なものはありません。
(「職業倫理の発展」1927年シカゴ法曹協会記録)

No prospect is more alluring than that held out by the exaltation of one’s vocation as the most available and appropriate means of contributing to social needs.
(“The Evolution of Professional Ethics,” Chicago Bar Association Record, 1927)


★ポールハリス語録65 (2013年6月2日配信)

文明の栄枯盛衰は人間の思慮の有無によって決まります。
人類または国家のできる最大のことは、個人または国家の考慮を促すことです。
(ロータリアン誌、1916年2月号)

The rise and fall of civilization will depend upon the thoughtfulness or the thoughtlessness of men. The greatest thing that can happen to man or nation is to stimulate the individual or the national thoughtfulness.
The Rotarian, February 1916


★ポールハリス語録64 (2013年5月19日配信)

私たちの生きる目的は何でしょうか?
学ぶことです。
何を学ぶために生きているのでしょうか?
学ばなければならない唯一のことは、どうすれば自己にとらわれないようになるか
ということです。私たちはそれを学ばなければなりません。学ばないわけにはいきません。
自発的に学ぶことができなければ、強制されるでしょう。遅かれ早かれ、
私たちは自己と決別せざるをえません。最後の日を迎えるまで、
自己にとらわれているかもしれません。あるいは自然に、徐々に、
そうです、喜びをもって、自己と決別できるかもしれません。

What are we here now?
To learn a lesson.
What lesson are we here to learn?
The only lesson, the lesson how to wean ourselves from ourselves. We have to learn it; there is no escape. If we fail to learn it of our own accord, it will be forced upon us. Sooner or later, we must inevitably be separated from self. The phenomena may be reserved for the last day here or it may come naturally, gradually, yes gratefully.


★ポールハリス語録63 (2013年3月22日配信)

この世の初めから、優れた人たちは、ロータリーが「超我の奉仕」という言葉で
要約した教えを、ずっと守り続けてきたことを言葉や行為ではっきりと示しています。
これを見ただけでも、ロータリーの示す目標に到達できないなどと、
どうして言えましょうか?(ロータリーへの私の道)

From time immemorial the greatest of the great have proclaimed by word and deed their adherence to the doctrine which Rotary has summed up in the words, “Service Above Self.” Who shall say that the Rotary goal is unattainable? (My Road to Rotary)


★ポールハリス語録62 (2013年3月16日配信)

国の進歩を測る物差しは、個人の成長を測る物差しと同じように、
他の人の経験から学ぼうとする心がけにあります。
(スコットランド、エジンバラで開かれた1921年RI国際大会でのメッセージ)
The measure of a nation’s progress as well as the measure of an individual’s progress must ever be its readiness to learn from the experience of others. (Message to 1921 RI Convention, Edinburgh, Scotland)


★ポールハリス語録61 (2013年3月12日配信)

「事業というものは、その批判者(調査者)を雇い、気前よく給与を支払います。
批判者は、避難するために、大きな機械の中枢を細かく調べ、その弱点を発見します。
ロータリーの有給職員名簿には批判者はいません。批判者はみんな外部の人ばかりです。
批判者の活動は、よいことばかりではありませんが、悪いことばかりというわけでも
ありません。
ロータリーは建設的な批判をしてくれる部局が必要です。ちょうど大企業の調査部の
ような何かです。
ロータリーがその適正な運命を理解するとしたら、ロータリーは必ず進歩しなければ
なりません。時には革命が起こる必要があります」
(米国イリノイ州シカゴで開かれた1930年RI国際大会でのメッセージ)

Business employs its own critics (research men) and pays them munificent salaries. They probe into the vitals of great machines to detect their weakness in order that they may condemn them. Rotary has no critics on its salaried list. They are all on the outside and while their work is not without virtue, it is also not without vice. Rotary needs a department for constructive criticism. Something comparable to the research departments of great business. If Rotary is to realize its proper destiny, it must be evolutionary at all times, revolutionary on occasions. (Message to 1930 RI convention, Chicago, Illinois, USA)


★ポールハリス語録60 (2013年1月16日配信)

偉大な運動を研究すると、その発展は、個人の発展と似ているように思われます。
形成期は初期です。若い心は、感受性に富み、成熟すると、落ち着いて来ます。
運動も年を経ると、定型化するようになります。伝統が正当な判断力の行使を
妨げます。先例を尊重するようになり、先例が必要以上に重要性を帯びてきます。
価値も無いし、不合理な事が、今までそうであったから、という理由だけで継続されます。
存在理由が、かつてあったとしても今はないことが明らかでも誰も先例をあえて
破ろうとしません。形式に精神が伴わないようになっているのです。
(米国イリノイ州シカゴで開かれた1930年RI国際大会でのメッセージ)

In studying great movements, it seems to me that is with them as it is with individuals. The formative period is the early period. The youthful mind is impressionable, the mature mind has become set. As movements get older, they become institutionalized. Tradition hampers the exercise of reason. Conventionalities enter and assume undue importance. Unworthy and irrational features are permitted to continue merely because they have always been. No one cares to disturb precedent even though it may be manifest that its reason, if there was one, no longer exists. The spirit becomes lost in the letter of the law. (Message to 1930 RI Convention, Chicago, Illinois, USA)


★ポールハリス語録59 (2013年1月10日配信)

ロータリーは、各国間の理解を促進するための努力として、ロータリーの初期のころに
試みて効果があったやり方と同じ方法—相互に関心をもちながら仲良くつきあうという
方法を強調しています。ビジネスと親善交流の両方を通して、国同士がお互いに
よくわかり合うようになればよいのです。
初めのうちは、いらだたしく思える相手の奇妙な習慣も、結局は面白い習慣だ
ということになって、そのまま真似してみたり、かえって生活を豊かにしてくれる場合
もしばしばあるのです。(ロータリーへの私の道)

In its effort to promote understanding between nations Rotary makes use of the same measures that demonstrated their effectiveness in Rotary’s earliest days – mutual interest and friendly intercourse. Through business and social intercourse nations become intelligible to one another. Strange customs which in the beginning are irritating eventually become interesting and frequently are copied, contributing to the enrichment of life. (My Road to Rotary)


★ポールハリス語録58 (2013年1月1日配信)

ロータリーとその子どもたち(いわゆる他の奉仕クラブ)は私たちの選んだ範囲内の
社会的進歩にだけ寄与するものとみなすことができます。私たちは自らとその活動に
対して適正な物の見方ができます。自己満足してはなりません。私たちは逆境な
ときも順境にあるときも変わらず、平和においても戦時に際しても敢然と事に立ち
向かう覚悟がなくてはなりません。思考力を硬直化させてはなりません。
私たちはいつまでも成長してやむことはないでしょう。
心底からロータリーに関心を抱く人々はこのように信じているのです。
世界は絶えず変化しています。
そして私たちは世界とともに変化する心構えがなければなりません。
ロータリーの物語は何度も何度も書き替えられなければならないでしょう。
(ロータリーの理想と友愛)

Those who have Rotary’s interests at heart trust that we may always continue to view it and its children, the other so-called service clubs, as contributions merely to social progress within our chosen sphere; that we may view ourselves and our work in proper perspective; that we may never become complacent; that we may stand ready to face adversity or prosperity, war or peace; that our thoughts may never become crystallized; that we may ever continue to grow. This is a changing world; we must be prepared to change with it. The story of Rotary will have to be rewritten again and again.
(This Rotarian Age)


★ポールハリス語録57 (2012年12月25日配信)

クリスマスは実践の日です。自分が学んだ最上の教訓、自分が知っている最上のこと、
自分が知りうる最上のことを実行に移します。贈ることが利益を得ることに代わります。
ロータリーの未来の発展が過去と同じくらい目覚ましいものなら、ロータリーが
その最も高邁な理想に忠実であるなら、毎日がやがてクリスマスとなりましょう。
(ロータリアン誌、1915年12月号)

Christmas is a practice day. Men put into practice the best precepts that they have learned, the best that they know, the best that it is possible for them ever to know. Giving takes the place of gaining. If the future growth of Rotary is as remarkable as its past and if Rotary remains true to its highest ideals, every day will be Christmas by and by. (The Rotarian, December 1915)


★ポールハリス語録56 (2012年12月8日配信)

人間の心と手が助け合わずにできるようなことは、文明の試練に耐えられません。
心と手を最高度までに効果的に働かせ、調和させなければ、ラファエロや
ミケランジェロの作品は生まれないでしょう。独立宣言も書かれることはなかった
でしょう。これらの仕事は、人間の最高の資質、あふれる感情の表現力、
心が必要です。仕事が大きすぎて頭と手だけでは失敗してしまうようなとき、
その中にちょっと心を込めてみて下さい。限りある生命の人間にできる全業績
の中で、最大のものは、心と頭と手を完璧なまでに結集しようとした努力の結晶です。
(ロータリアン誌、1912年9月号)

Civilization was never destined to be satisfied with those things which he unaided mind and hand of man could do. The mind and hand working to the maximum of efficiency and in coordination could never have made the product of a Raphael or an Angelo, nor could they have written the Declaration of Independence. Those tasks drew upon the supreme resource of man, his emotional instinct, his heart. When a job is so big that head and hand fail, try a little heart in it. The greatest of all achievements of which mortal man is capable are the result of the combined effort of heat and hand working in perfect coordination. (The Rotarian, September 1912)


★ポールハリス語録55 (2012年12月3日配信)

ほほえみは友情のしるしです。あなたの中に沢山あります。
しまっといたままにしないで下さい。
時と場所を選び、ほほえみをかけて下さい。
その有益な効果は、永遠不滅の門に達するでしょう。
(ロータリアン誌、1934号2月号)

Smiles are badges of friendliness. There are plenty of them within you. Do not hold them captive. Set them free at right times and places their beneficent effects will carry to the very gates of eternity. (The Rotarian, February 1934)


★ポールハリス語録54 (2012年11月27日配信)

現代に最も適しているのは、長い爪を持っている人ではありません。
地域社会の他の人の成功したおかげで自分も成功した;
地域社会の成功は、他の地域社会の成功のおかげである;
自分ひとりで事足りる人はいない;
誰も1人では成功できない、という事実を十分認識するようになった人が
現代の適者です。

The fittest of today is not he who possesses the longest claws or talons. It is he who has come into the fullness recognition of the fact that his success is dependent upon the success of other men in the community in which he lives; that the success of his community is dependent upon the success of other communities; that none is sufficient unto himself; that no man can ever succeed alone. (The Rotarian, September 1912)


★ポールハリス語録53 (2012年11月23日配信)

ロータリーにおいて私が最も満足しているのは、寛容と善意を行使することによって、
また、国際協調と理解というロータリーの厳しい方針を守ることによって、
ロータリーが、友情と親睦、他者への奉仕という理想で世界をめぐることができたと
知ったことです。
(第164地区のロータリアン手配による1945年米国アラバマ州タスキーギインタビュー記録)

My greatest satisfaction in Rotary has been in seeing that by the exercise of tolerance and goodwill, and by the adherence to Rotary’s one demanding policy of international amity, and understanding, Rotary has been able to circle the world with its ideals of friendship and fellowship and service to others. (From a recorded interview in Tuskegee, Alabama, USA, in 1945, arranged by Rotarians in District 164)


★ポールハリス語録52 (2012年11月20日配信)

成功、本当の成功、あなたの成功、私の成功、世界の成功にいたる道は
これです。
あなたの成功、私の成功、世界の成功の基礎、実際的、科学的、安全、
活力あふれる、理想的な成功の基盤はこれです。
これとはロータリーの知り合い、活力、調和のことです。
(ナショナルロータリアン、1912年8月号)

Hero’s to success, real success, your success, my success, the world’s success; and here’s to the foundation of success, the practicalized, scientized, sterilized, vitalized, idealized foundation of your success, my success, the world’s success – acquaintance, the dynamics and harmonics of Rotary. (The National Rotarian, August 1912)


★ポールハリス語録51 (2012年11月18日配信)

草木が緑をなす限り、川が流れる限り、ロータリーはその理想、奉仕の理想を
崇拝し続けるでしょう。
(米国、ミシガン州、デトロイトで開かれた1934年RI国際大会でのメッセージ)

As long as grass continues to grow green, as long as water continues to flow downhill, so long Rotary will continue to worship its ideal, the ideal of service. (Message to 1934 RI Convention, Detroit, Michigan, USA)


★ポールハリス語録50 (2012年11月17日配信)

理解を阻む敵を粉砕しましょう。破壊的軍隊を指揮する3人の司令官は、
猜疑心、ねたみ、恐怖です。建設的軍隊のやる気を起こし、世界がよく
知っている3人の司令官に指揮させましょう。
その3人とは、信頼、愛、勇気です。
(ベルギー、オステンドで開かれた1927年RI国際大会でのメッセージ)

Let us destroy the foes to understanding. The three generals in command of the destructive forces are Suspicion, Jealousy and Fear. Let us stimulate and encourage the constructive forces and place in their command the three greatest generals the world has ever known: Faith, Love and Courage. (Message to 1927 RI Convention, Ostend, Belgium)


★ポールハリス語録49 (2012年11月15日配信)

国際理解と親善を推進するに当たって、ロータリアンであるなしを問わず、
できるだけ多くの人々に接することが重要である、ということを忘れては
なりません。とはいえ、個人では多くの人に接するにも限度があります。
(旅行記、第2巻)

In the promotion of international understanding and goodwill, one must remember it’s important to reach as large numbers as possible – non-Rotarian as well as Rotarians – and one cannot reach large numbers privately. (Peregrinations, Vol. 2)


★ポールハリス語録48 (2012年11月7日配信)

事業の実践方法には著しい変化がありました。ロータリーの強い影響が感じられる
のはこの分野です。昔は、実業家は一つのこと、金儲けしか考えませんでした。
今日…実業家は、顧客、従業員、同業者、仕入れ先、一般の人々に対して公正で
なければなりません…時代は、事業にどれほどの力量があるかと挑戦しているの
です。事業はその挑戦を堂々と受けたのです。(ロータリーの理想と友愛)

Business practices have undergone particularly marked changes, and here the influence of Rotary has been strongly felt. Under the old order, a businessman had but one thing to think about; that was how to make money. Today…he must be right with his customers, his employees, his competitors, from whom he buys goods, and with the public as well…The times have challenged the resourcefulness of business, and business has risen nobly to the challenge. (This Rotarian Age)


★ポールハリス語録47 (2012年11月3日配信)

ロータリーの魅力はロータリーで見いだす友情でした。(ロータリーの創始者)

The lure of Rotary has ever been the friendships that have been found here. (The Founder of Rotary)


★ポールハリス語録46 (2012年11月1日配信)

幸福とはどんなに一所懸命に追求しても得られないのに、来るときは求めずして、
しかも思いもかけなかった場所で得られる人間のさがの一つです。王宮の中に
幸福を探し求めても得られないのに、愛のあふれる貧しいあばら屋の中で幸福が
見つかるかもしれません。
(カナダ、マニトバ州、ウィニペグで開かれた第4回善意大会での
ロータリアンへのメッセージ)

Happiness is one of the attributes of man which eludes the most determined search, and comes – if it does – unsought, and in the unsuspected places. He who has failed in his efforts to find happiness in a palace may find it in a humble cottage where love reigns. (Message to Rotarians at the Winnipeg, Manitoba, Canada, Fourth Goodwill Conference)


★ポールハリス語録45 (2012年10月29日配信)

事業を見ればその人がわかります。
社会的に大成功していても、事業では平気で不正をする人もいるかもしれません。
しかし、よき事業人は、どのようなときも社会で不正なことはしないと思われます。
(ナショナル・ロータリアン、1912年3月号)

When you know a man’s business you know him. A man may be a great success socially and still be a business miscreant, but a good businessman is not likely to be a social miscreant for any great length of time. (The National Rotarian, March 1912)


★ポールハリス語録44 (2012年10月26日配信)

人生は競争の連続です。その競争から勝者と敗者が生じます。私たちは、状況を支配
しなければなりません。さもないと、状況に支配されることになります。歴戦の
「運命の将軍」が時に応じて、状況という大軍を整列させた完璧な手腕には驚嘆
します。この大軍に勝つ見込みはまったく無いように思えます。「不屈の精神」
以外に勝つ見込みはありません。退却の方法を知っていれば、いつも勝利を収め
ます。数日、1年以内、1年後に舞い戻ります。いつも気力を保っています。
退却することは何でもありません。ですが、気落ちするのはマイナスです。
まさに将軍という器に最適の大きな仕事です。しかし、仕事の背後には大人物
がいて、その大人物はいつも勝利を収めます。
(ナショナル・ロータリアン、1912年5月号)

Life is a series of contests, from which we emerge victors or vanquished. We must be masters of circumstances or mastered by circumstances; and it is wonderful with what consummate and strategic skill old “General Fate” lines up his battalions of circumstances sometimes. It would seem as if there wasn’t a chance in the world against them, and there isn’t except for “Persistence”. He wins because he knows how to take a licking. He comes back for more, day after day, year in, year out; and he keeps his hear with him all of the time. It’s nothing to get licked, but it’s bad to lose heart. It’s big job he’s cut out for himself, sure enough, but there’s a big man behind the job and he’ll win. (The National Rotarian, May 1912)


★ポールハリス語録43 (2012年10月25日配信)

立派な目的に全身全霊を打ち込めば、幾分なりとも、その良さが
必ずわかるものです。(ロータリーへの私の道)

Every worker who gives himself to a worthy cause is bound to realize some of its benefits. (My Road to Rotary)


★ポールハリス語録42 (2012年10月24日配信)

公共事業を数々実施しているにせよ、ほとんど実施していないにせよ、
ロータリーが役に立つことのできる大きな独自の分野があるのは明らかです。
私たちの血管に赤い血が流れているように、地元地域社会の幸福に無関心では
いられないし、活動領域内にいる人々のために力を貸すのをいとわない、
というのは至極もっともなことです。
(ロータリアン誌、1912年9月号)

Whether we do much or little in the way of public work, it is apparent that there is a large and unique field of usefulness in Rotary. Possessing as we do red blood in our veins, it is fair to assume that we shall not be indifferent to the welfare of the communities in which we exist, nor unwilling to lend a hand to the doing of those things   in the interests of the public which come within the proper sphere of our activities. (The Rotarian, September 1912)


★ポールハリス語録41 (2012年10月23日配信)

奉仕の真の精神は、世界を救済することができます。
(ロータリアン誌、1918年3月号)

A true spirit of service is capable of working a world’s redemption. (The Rotarian, March 1918)


★ポールハリス語録40 (2012年10月22日配信)

「無私の奉仕」の教義は、あまりに理想に走りすぎて、実践できない、
と言われる時があります。一歩譲って、いかにもその通りと言いましょう。
しかし、あまりに理想的すぎて、私たちの理想になりえない、とは言えな
いでしょう。私たちが高きを目指せば、たとえ期待に十分応えられない
としても、信望に値する振る舞いができるでしょう。
(ロータリアン誌、1912年9月号)

The doctrine of “Service Not Self” has at times been said to be too idealistic to be practicable. Very well, for the sake of argument, concede that to be the case, it cannot be too idealistic to constitute our ideal. If we aim at the high mark, we may acquit ourselves creditably even if we fall short of our full expectation. (The Rotarian, September 1912)


★ポールハリス語録39 (2012年10月21日配信)

ロータリーは思い出に浸る組織ではありません。
どちらかというと、過去の業績より、むしろ未来の活動に価値と
目的を置く組織です。
(ロータリアン誌、1923年2月号)

Rotary is not an organization for retrospection. It is rather one whose worth and purpose lie in future activity rather than past performance. (The Rotarian, February 1923)


★ポールハリス語録38 (2012年10月20日配信)

山には霊感を求めに行く人もいれば、休息に行く人もいます。
学者は山を論じ、詩人は歌い、画家は描きます。そして、子どもは苦もなく山に
登ります。子どもが山に登っては行けないでしょうか?
山は子どもが元気な足で登るためにあるのではないでしょうか?
山が高くても、子どもは意気揚々としていました。山は子どもが征服するものです。
(ロータリーへ私の道の序文より)

Some folks go to the mountains for inspiration, some for rest. Learned men write of the mountains, poets sing of them, artist paint them. The boy takes them in his stride. Why should he not? Were mountains made for his restless feet to climb? High thought they be, his spirit is higher. They are his to triumph over. (From the Foreword to My Road to Rotary)


★ポールハリス語録37 (2012年10月19日配信)

ロータリーの素晴らしい発展にはもちろん秘訣があります。
喜んで、その秘訣を公表いたしましょう。ロータリーでは、人の地位は、
宗教ではなく行為で決まります。ロータリーの道は、最も明るく魅力的な
人間の目標、すなわち人類の友愛に通じています。ですからロータリーは
成功を収めました。
(1922年米国、ニューヨーク州、バッファロー・ロータリー・クラブ
でのメッセージ)

There is a secret, of course, to Rotary’s remarkable success, and I don’t mind letting it be known. Rotary has succeeded because in Rotary the standing of a man depends upon his deeds, not his creeds; and because its course leads toward the brightest and most alluring human objectives: the brotherhood of man. (Message to the Rotary Club of Buffalo, New York, USA, 1922)
 
☆creed を「宗教」と約していますが、これはむしろ「主義」とか「信条」
の方の意の方がわかり易いと思います。「その人のロータリーにおける地位は、
その人が語ることよりも、その人の行為で決まります」という
約はいかがでしょう。


★ポールハリス語録36 (2012年10月18日配信)

ロータリーにおける私自身の働きに対する人々の見方を思うとき、私は、
時々こう考えます。概して実際以上の功績がいつも私に帰せられてきました。
一つの点で、実際よりはるかに勝る功績が私に与えられてきました。
初期のロータリーを神秘主義の雰囲気で包む傾向がおのずとあるように
見えます。私には予言者的な先見の眼があり、素晴らしいことをする霊感や
何か格別の才能があるかのように思われてきました。そのようなものは
何一つありません。私が並はずれてもっているのは、たった一つのことです。
それは、変わらぬ信念とかなりの程度の決断力です。
(1925年シカゴ・ロータリー・クラブの教育の夕べにおける
国際的ロータリーの発展に関する談話の草稿)

This thought has come to me time and again when I think of the way men view my own work in Rotary. In the main, I have always been given more credit than is due me and in one respect I have been given very much more credit than has been due me. It seems to me there is a natural tendency to surround early Rotary with an atmosphere of mysticism. I have been credited with prophetic vision and with having been inspired to do a remarkable thing, with the possession for some extraordinary genius. There is nothing to it. There is only one thing that I have possessed in any unusual degree and that has been an abiding faith and quite a considerable degree of determination.
(From the draft for a talk on the Development of International Rotary for the Rotary Club of Chicago’s Rotary Education Evening, 1925)


★ポールハリス語録35 (2012年10月17日配信)

世界は一つの大オーケストラのようなもので、私たちひとりひとりは、
自らの取るにたりない一部を演奏しているに過ぎません。あなたの楽器や
私の楽器の成否は、その音量によって決まるのではなく、周囲の楽器と
いかに完璧に調和しているかによって決まります。得意になって、
自分のホルンを高らかに鳴り響かそうとする人は、調和を乱すだけでなく、
他の奏者にとって迷惑となるのです。私たちは一人で演奏しているのでなく、
大きな全体の中のほんの一部に過ぎないのです。ロータリーが、
この事実を私たちに納得させることができるなら、私たちの生活は周囲の
人々の生活と調和するようになるばかりでなく、その生活がより楽で、
生きるに値するものになる、と気づくでしょう。
(ナショナル・ロータリアン、1912年3月号)

The world is a huge orchestra in which each one of us has his own little insignificant part to play. The success of your instrument and mine depends not upon the amount of noise they make, but upon how perfectly they harmonize with the instruments about us; and he who, sufficient unto himself, insists upon blowing his own horn in his own big and pompous way, find himself not only a maker of discords, but also persona non grata to all the rest of the band. If Rotary can bring home to us a fuller realization of the fact that we are not individual performers, but rather small parts of a stupendous entirely, not only will our lives harmonize better with the lives of those around us, but we will also find them easier and better worth living. (The National Rotarian, March 1912)


★ポールハリス語録34 (2012年10月16日配信)

私たちのロータリーが、単に一過性のものでないとしたら、それはあなたや
私が、互いの弱点を忍ぶ、つまり寛容の価値を知ったからでしょう。
(ナショナル・ロータリアン、1971年1月号)

If this Rotary of ours is destined to be more than a mere passing thing, it will be because you and I have learned the importance of bearing with each other’s infirmities, the value of toleration. (The National Rotarian, January 1911)


★ポールハリス語録33 (2012年10月15日配信)

ロータリーが、事業と専門職務に携わる人の間に世界的な親睦をつくる
ことができたのは、寛容の精神のおかげですが、この寛容の精神をもって
すれば、世の中に不可能なことはなくなるでしょう。
(ロータリーへの私の道)

The spirit of tolerance which has made it possible for Rotary to form a worldwide fellowship of business and professional men will make all things possible. (My Road to Rotary)


★ポールハリス語録32 (2012年10月14日配信)

ロータリーの水準と理想を高く掲げ続けることの重要性は、いくら強調しても
強調しすぎることはありません。ロータリーの倫理の大空に希望の星が高らか
に輝かなければなりません。希望の星が高すぎるということは、まずあり得な
いでしょう。どこからでも目指して努力できるくらいの高さであることを私は
願っています。(ロータリアン誌、1912年9月号)

The importance of placing and maintaining Rotary standards and ideals aloft cannot be overestimated. The star of hope in the Rotary ethical firmament must be high. It is hardly possible for it to be too high. May it be high enough so that there will always be something to strive for. (The Rotarian, September 1912)


★ポールハリス語録31 (2012年10月13日配信)

多くの人の顔が、ロータリアンになってから変わります。
自国で、また海外で、奉仕の機会を見ることを学ぶからです。
(米国、イリノイ州シカゴで開かれた1930年RI国際大会でのメッセージ)

Many a man’s outlook is different after he becomes a Rotarian. He learns to see opportunities for service at home and abroad. (Message to 1930 RI Convention, Chicago, Illinois, USA)


★ポールハリス語録30 (2012年10月12日配信)

寛容という一般性の高い精神が、努力の末得られる唯一不変の
成果である、と証明されるとしたら、それだけでもロータリー
の存在意義があるでしょう。(ロータリーの理想と友愛)

If a more general spirit of tolerance proves to be the only permanent result of its efforts, Rotary will not have existed in vain. (My Rotarian Age)


★ポールハリス語録29 (2012年10月11日配信)

私は、ためらうことなく断言できます。世界平和は達成できる、と。
さらに、友情、寛容、人の役に立つというロータリーの堅固な土台の上に
平和を築くなら、恒久的なものにすることができます。
(キューバ、ハバナで開かれた1940年RI国際大会でのメッセージ)

I have no hesitation in saying that world peace could be achieved and made permanent if reared on Rotary’s firm foundation of friendliness, tolerance, and usefulness. (Message to 1940 RI Convention, Havana, Cuba)


★ポールハリス語録28 (2012年10月10日配信)

ロータリー・クラブの会員になれば、あらゆる職業の人たちと接触でき、
自然に視野を広げることができます。(ロータリーへの私の道)

If one is admitted to membership in a Rotary club, he will enjoy the broadening influence of contact with men of all vocations. (My Road to Rotary)


★ポールハリス語録27 (2012年10月9日配信)

今日の年間予算は膨大のようにみえるかもしれませんが、アメリカだけでなく
全世界の多数のロータリアンが、何の見返りも求めず、ロータリーのために
最大の努力を尽くしているのでなければ、こんな額ではとても済むものでは
ありません。より良い世界という大きな希望を持たせてくれる運動を推進
しているという満足感だけで、ロータリアンたちは報われる思いをしている
のです。(ロータリーへの私の道)

Though the annual budget of today may seem large, it is nothing compared to what it would necessarily be were not for the fact that thousands of Rotarians, not alone in America, but throughout the world, are giving their best efforts in the interest of the movement without any compensation other than the satisfaction they find in advancing a movement which to them holds great hope for a better world, a neighborly world. (My Road to Rotary)


★ポールハリス語録26 (2012年10月8日配信)

ロータリーの中にあるもの、それは善行だけではありません。
善行というのは、その下に隠された何ものかが外に姿を現したに
すぎないのです。ロータリーの沢山の善行のかげには、目に見え
ない力が働いているのです。それは善意の力です。この世界で
最も強い力の中には、目に見えないものがあります・・・
私たちの呼吸する空気にせよ、目には見えませんが、私たちの
生命を支えてくれるのです・・・ロータリーの沢山の善行の
かげにも、目に見えない力が働いているのです。それは善意の力で
あり、その善意の力によってロータリーは存在しているのです。
(ロータリーへの私の道)

Good works are not all there is in Rotary; good works are expressions only of something beneath. Beneath the good works of Rotary there is an invisible power; it is the power of goodwill. Some of the most powerful forces in the world are invisible…Even the air we breathe is invisible and yet it sustains life…Beneath the good works of Rotary there is an invisible power; it is the power of goodwill and by virtue of the power of goodwill Rotary exists. (My Road to Rotary)


★ポールハリス語録25 (2012年10月7日配信)

ロータリアンが、身分の上下と貧富、人種、宗教、政党にかかわりなく、
みんなの親善使節であり続けますように。この心地よい小さな世界、
私たちのよく知っている最高の小世界の住人に、寛容、慎み、正義、
親切、友好、友情を届けることができますように。
(ロータリーの理想と友愛)

May Rotarians continue to be ambassadors of goodwill to high and low, rich and
poor, to all races, to the devotees of all religious faiths and to members of
all political parties, purveyors of tolerance, forbearance, justice,
kindliness, neighborliness, and friendliness to the inhabitants of this snug
little world, the best little world of which we know. (This Rotarian Age)


★ポールハリス語録24 (2012年10月6日配信)

樫の大樹も小さなドングリから育ちます。
41年前にシカゴに植えられた小さなドングリは、大きなたくましい
樫の木となりました。
(1946年国際大会でのメッセージ、アトランテックシティー、米国)

"Great oaks from little acorns grow." The little acorn planted in Chicago, forty‑one years ago, has grown into a mighty oak.
(message to1946 RI Convention at Atlantic City)


★ポールハリス語録23 (2012年10月4日配信)

全員一致は、とても期待できるものではありません。
ロータリーがその最善の活用方法を問うても、15万のロータリアンのうち、
2人として意見が完全に同じということはたぶんないでしょう。人の考えの
異なるのは、その容姿が異なるのと同じです。考えの微妙な差は、
色合いの違いによりはるかに多様で、それを変えるのは
難しいのです。信念は、気質、遺伝、環境、経験などのいろいろな
影響によって決まります。指導者たるものは、忍耐と慎みをもって、
柔軟な判断を下さなければなりません。
教条主義ロータリーでは役に立つことはできません。
(ロータリーの理想と友愛)

Entire agreement is too much to expect. Presumably no two of the one hundred
and fifty thousand Rotarians are in entire accord as to the way in which
Rotary can make the most of itself.  That men do not think alike is no more
remarkable than that they do not look alike. Shades of thought are far more
variant than shades of color and difficult to change. One’s belief is
dependent upon so many influences - temperament, heredity, environment,
experience - and leaders must temper their judgment with patience and kindly
forbearance. No dogmatic Rotary can be serviceable. (The Rotary Age)


★ポールハリス語録22 (2012年10月4日配信)

私たちの植樹は善意の印に過ぎませんが、どこの国の人々にも、
その国の言葉が何語であっても、ちゃんと分かってもらえるのです。
(ロータリーへの私の道)

Our tree plantings are merely gestures of goodwill but they are intelligible
to all citizens of the various countries whatever language they speak. (My
Road to Rotary)


★ポールハリス語録21 (2012年10月3日配信)

友情は、ロータリーを築く岩のように堅固な土台であり、
寛容の精神は、ロータリーを結びつけるものです。
もしこの寛容の精神がなければ、各ロータリー・クラブの
あふれんばかりの原子力エネルギーで、ロータリー・クラブは
こなごなになってしまうでしょう。(ロータリーへの私の道)

Friendship was the foundation rock on which Rotary was built and tolerance
is the element which holds it together. There is enough atomic energy in
every Rotary club to blow it into a thousand bits were it not for the spirit
of tolerance.


★ポールハリス語録20 (2012年10月2日配信)

人間の違いも国の違いも、基本的には大差がないのです。
何もかも良い人も国もないし、何もかも悪い人も国もありません。
不和は誤解から生まれます。
(ロータリアン誌、1944年7月号)

There are no great fundamental differences between men and between nations.
None are entirely good; none entirely bad. The great mischief-maker is
misunderstanding. (The Rotarian, July 1944)


★ポールハリス語録19 (2012年10月1日配信)

「他者の中に良い点を見つけようとする人は、自分も報われます。
というのは、今度は自分の中の良い点を他者が必ず見つけてくれるからです。
地上の寂しく孤独な生物の中で最も希望のないのは同胞を愛さない人です」
(ロータリアン誌、1923年2月号)

He who tries to find the good in others will be rewarded, for others will
surely find the good in him. Of all of earth’s and lonesome creatures, the
most hopeless is he who loves not his fellowmen. (The Rotarian, Feb. 1923)


★ポールハリス語録18 (2012年9月30日配信)

素晴らしい夢を見てそれを実現していくのなら、夢を見ることも、
おそらくそんなに悪いことではないでしょう。(ロータリーへの私の道)

Perhaps dreaming is not so bad if one dreams good dreams and makes them come
true. (My Road to Rotary)


★ポールハリス語録17 (2012年9月29日配信)

「奉仕は最高の道楽なり」
Public service is the best kind of hobby. (This Rotarian Age)

ポールをして言わしめれば、「事業は人生における重要事ではあるが、
それだけが人生の全てではない。人生にはまだまだやるべきことがたくさんある。
そんな事業一筋の人は逆境にたった時にどうしようというのだ。まして、
事業から引退して後進に道を譲らねばならなくなった時、彼は何に生きがいを
見出そうとするのか」
ポールは趣味として奉仕一辺倒の話しかできないほど野暮ではなく、鳥を愛し、
景色を愛し、愛妻ジーンと一緒に夕陽を眺めて大騒ぎする人だったという。
この世に与えられた一度限りの人生。お互いに生まれも育ちも違う同士が、
ロータリーを縁に友となり、お互いの職業奉仕やロータリー活動を語らい、
それに留まることなく困難な状況にある人や私たちの助けを求めている
人々のために応分の奉仕活動をさせていただく。これがロータリーでしょう。
そこにどうして争い事がありえましょうや。友愛を深めながら奉仕活動を
共にすることに喜びを感じ、笑顔あふれるところに人は集まってきます。
多少ロータリーとしての取り決めから逸脱しても、人のお役に立たせて
いただく気持ちがあれば、それもまた良しと、ポールは笑って許してくれる
のではないでしょうか。ロータリーの原則について論じることも大事だと
思いますが、論じることがともすれば、こうあらねばならならぬ論へと傾斜して
しまい、活き活きとしたロータリー活動を縛る傾向にあるのは残念なことです。

「論じるだけの決めつけだけのロータリーでは役にたたない」
No dogmatic Rotary can be serviceable. (This Rotarian Age)

☆私の敬愛する故佐藤千寿様のご著書「ポールハリスの言葉」の中の文章を
一部引用させてもらいました。
私の同期の2570地区の高橋福八パストガバナーは
「面白くてためになるロータリー」とおっしゃいました。
みんなで楽しい仲間といっしょにロータリーライフをエンジョイしたいものです。


★ポールハリス語録16 (2012年9月28日配信)

ロータリーの未来は、期待の神秘に包まれています。
ロータリーの運命を展開するのは、新ロータリアンの皆さま方です。
(米国、テキサス州、ヒューストンで開かれた1914年RI国際大会でのメッセージ)

The future of Rotary is shrouded in expectant mystery. It is for you my new
Rotarian friends to aid the unfurling of the Rotarian destiny. (Message to
1914 RI Convention, Houston, Texas, USA)


★ポールハリス語録15 (2012年9月27日配信)

励ましとは炎のようなものです。奉仕の薪をくべなければ、
まもなく消えてしまいます。
(米国、ニュージャージー州、アトランティック・シティで開かれた
1920年RI国際大会でのメッセージ)

Inspiration is a flame which soon dies out unless fed with the fagots of
service. (Message to 1920 RI Convention, Atlantic City, New Jersey, USA)

☆Inspiration の「励まし」という日本語訳はちょっと適切でないような気がします。
「内から湧き上がる精神的な力」と捉えるべきでしょう。
日本語だけを読むと?ですが、英文を読むと、なるほどと思っていただける
と思います。


★ポールハリス語録14 (2012年9月26日配信)

「地元の組織で、自分の最大の関心事を試し続けようとする人々がいます。
またロータリーの全国的活動が最も人の心を動かすと考える人もいます。
さらに、国際規模のロータリーの可能性が最も魅力的と思う人もいます。
それぞれに最もふさわしい方法と分野でロータリーに奉仕する余地と機会が
みんなに開かれています」(ナショナル・ロータリアン、1912年3月号)

There are those who will always continue to experience their keenest
interest in their local organizations; others to whom the national work of
Rotary makes the strongest appeal, while still others think that the
possibilities of an international Rotary are the most attractive. There is
room for all and opportunity for each to serve Rotary in whatsoever manner
or whatsoever field suits him best. (The National Rotarian, March 1912)


★ポールハリス語録13 (2012年9月25日配信)

「ロータリアンは言葉より行動に心ひかれます」
(ナショナル・ロータリアン、1911年11月号)

Rotarians are very much more favorably disposed toward action than they are
toward words. (The National Rotarian, November 1911)


★ポールハリス語録12 (2012年9月24日配信)

「国境地の責務とは、私たちの中にある最上のものへの挑戦です。
その挑戦を受けて立ちましょう」
(メキシコ、メキシコ・シティーで開かれた1935年RI国際大会でのメッセージ)

Oh the responsibilities of borderlands. They are challenges to the very best
that there is in us. Let us rise to the challenge. (Message to 1935 RI
Convention, Mexico City, Mexico)


★ポールハリス語録11 (2012年9月23日配信)

「人間は、通常進歩するという点で、他の動物とは異なります。
人間の進歩を長く抑えることのできる唯一のものは、先例です」
(米国イリノイ州シカゴで開かれた1930年RI国際大会でのメッセージ)

The human animal differs from others of the animal kingdom in that it is
normally progressive. The only thing that can hold the advance of the human
animal long in check is precedent.
 (Message to 1930 RI Convention, Chicago, Illinois, USA)


★ポールハリス語録10 (2012年9月21日配信)

「政治屋はもうたくさんです。今必要なのは、政治家です」
(ロータリアン誌、1918年3月号)

We are in no further need of politician; we need some statesmen now.
(The Rotarian, March 1918)


★ポールハリス語録9 (2012年9月20日配信)

「微笑みにお金はいりません。
ですが、人生の小道を素晴らしく輝かせてくれます」
(ロータリアン誌、1915年11月号)

Smiles cost nothing, but they illuminate life’s pathway wonderfully.
(The Rotarian, November 1915)


★ポールハリス語録8 (2012年9月19日配信)

「他国の人々をけなすような口調で話すことは許されないことです。
私たちがそのような話し方をするとしたら、名誉毀損の罪を犯したことになるでしょう。
私たちは真実でないことを言っていることになります。もっと親善使節になりましょう。
国際関係における礼儀作法の違反者を非難しましょう。私たちの特色を示しましょう。
隣人の美名の不名誉な中傷に同調しないように、国際問題の中傷にも同調しない
ことを明確にしましょう」
(メキシコ、メキシコ・シティーで開かれた1935年RI国際大会)

May we never permit ourselves to speak in a derogatory manner of the people
of any nation. If we do speak in such a manner, we shall be guilty of
defamation of character; we shall be saying that which is not true. Let us
go further as ambassadors of goodwill. Let us rebuke all violators of the
rules of decency in international relationships. Let us show our colors, let
us make it manifest that we are not sympathy with calumny in international
affairs, any more than we are in sympathy with disreputable slander of the
fair name of a neighbor. (Message to 1935 RI Convention, Mexico city,
Mexico)


★ポールハリス語録7 (2012年9月18日配信)

「無知は平和の脅威です。
相手を理解できれば、それだけ、おせっかいや批判、横柄な態度は減るものです。
人も国も、自分のためにも世界のためにも知識や理解を深めなければなりません」
(ロータリーの理想と友愛)

Ignorance is a menace to peace. The higher the general average of
intelligence, all else being equal, less the disposition to be meddlesome,
critical, and overbearing. Individuals and nations owe it to themselves and
the world to become informed. (The Rotarian Age)


★ポールハリス語録6 (2012年9月17日配信)

ロータリーの原動力は友情です。
(スコットランド、エジンバラで開かれた1921年RI国際大会でのメッセージ)

The motive power of Rotary is friendship.
 (Message to 1921 RI Convention, Edinburgh, Scotland)


★ポールハリス語録5 (2012年9月16日配信)

「心を強く、熱意を新たに、希望を高く持ちましょう。
この精神が心にある限り、ロータリーは決して滅びません」
(ロータリアン誌、1926年8月号)

Let us keep our hearts strong, enthusiasm fresh, hope high.
As long as we keep imbued with this sprit, Rotary can never die.
(The Rotarian, August 1926)


★ポールハリス語録4 (2012年9月15日配信)

「社会に役立つ人間になる方法はいろいろありますが、最も身近で、
しばしば最も効果的な方法は、間違いなく自分の職業の中にあります」
(ナショナル・ロータリアン、1912年1月号)

Of all the hundred and one ways in which men can make themselves useful to
society, undoubtedly the most available and often the most effective are
within the spheres of their own occupations. (The National Rotarian, January
1912)


★ポールハリス語録3 (2012年9月14日配信)

私の知る限りでは、ロータリーには「できない」と「できる」との葛藤で、
「できない」が永遠の勝利を収めたことは一度もありません。
広大なビジョン、崇高な目的は必ず勝利を収めます。
(米国、イリノイ州、シカゴで開かれた1930年RI国際大会でのメッセージ)

In the battle between the “can’ts” and the “cans” in Rotary, the
“can’ts” have never won a single permanent victory to my knowledge. The
broad visions, the nobler purpose have always won.
Message to 1930 RI Convention, Chicago, Illinois, USA)


★ポールハリス語録2 (2012年9月13日配信)

ロータリーは友情の扉です。みんなのために扉を開け放ちましょう。
(ロータリアン誌、1922年7月号)

Rotary is the door to friendship. Let us throw it open to every people. (The
Rotarian, July 1922)


★ポールハリス語録1 (2012年9月11日配信)

「たとえ、よりよいことのためでも退けることができない、といったような
聖域がロータリーに一つもないのは幸いです。現代は、移り変わる世界の
実験的時代です。価値があり進歩するものはすべて試行錯誤の積み重ねなのです」
(旅行記、第3巻)

It is well that there is nothing in Rotary so scared that it cannot be set
aside in favor of things better. This is an experimental age in a changing
world, and all things which are worthwhile and progressive are the
cumulative effects of preceding successes and failures. (Peregrinations,
Vol. 3)