トップページ > オフミ > 開催レポート > 鎌倉オフミ報告

鎌倉オフミ報告

JRICの皆様

かねて皆様をお誘いしておりました、鎌倉オフミ(途中で湘南オフミIN鎌倉と変更しました)を一昨日、8月29日(日)鎌倉駅前の銀座アスターにて開催いたしました。

参加者は15名(5地区、11クラブから)、鎌倉RC所属の菅原光志ガバナー・ノミニー(2012/13年度)が参加下さり、歓迎の挨拶と共に、モントリオール大会に出席された時、ケベック市で描かれた絵を絵はがきにされて、全員のお土産に頂きました。軽妙なお話し振りで国際大会参加の意義や感想を述べられて、オフミの楽しい雰囲気のベースを作って下さいました。

続いて平井憲太郎さんが撮影・編集されたモントリオール大会のスライド写真を大画面に映しながら、詳しくプログラムの内容や雰囲気、大会の楽しみ方等臨場感あふれるプレゼンをして頂き、参加者一同大会に参加したような気分になりました。
(飲みながら、食事をしながら、質問をしながら、雰囲気は高調して行きました)更に関博子さんの長期間に渡る東京米山友愛RCの創立経緯と現在の友愛クラブの活動についてのお話しに感銘を受け、ご一緒に参加下さった関さんのご主人のお話しで米山に対するご理解と奉仕活動に対するご夫妻の価値観の共有に感動したり、

蝦名三保子さんからはJRIC総会準備のお話しと参加呼びかけを頂いたり、全員が自己紹介で自分のクラブ・地区における活動、仕事に対する思いなどを語って尽きることなく16時からスタートして20時まで、あっという間に過ぎ去りました。

共通の価値観を持つ者の集いは、親睦の深まりと共に多くの情報や事例を交換できて、仕事に、奉仕に大きな活力を貰える場となる事を茅ヶ崎オフミに続いて、再度実感しました!!   JRICオフミ万歳!!

  以上報告いたします。
              
       湘南オフミIN鎌倉   世話人  河本 親秀(大磯)
                        渡邉 貞雄(逗子)
                        臼井  浩(逗子)