メンバー情報

JRIC 2016-18年度 キックオフ会が開催されました。

JRIC 2016-18年度 キックオフ会が開催されました。
日時:2016年6月17日(金)17:30~
場所:港区麻布十番 イル・マニフィコ

出席者 会長  関博子  (東京米山友愛RC)
    副会長 深澤由美子(甲斐RC)
    幹事  横山義文 (東京北RC)
    副幹事 今井忠  (東京臨海RC)
    理事  田口絢子 (盛岡北RC)
    理事  森節子  (横浜あざみRC)
    理事  河本親秀 (大磯RC)
    理事  白鳥政孝 (市原RC)
    理事  海寶勘一 (千葉西RC)
    理事  浅野正睴 (大多喜RC)
    理事  森本奈津子(徳島南RC)
    会計監査 中野陽一(東京たまがわRC)
    会計監査 浅野彰 (名古屋大洲RC)

関会長から、運営方針と、横山幹事から補足説明をいただき、
JRIC設立時の原点に返り、今一度活発な意見交換ができ、
学びの場となるよう環境整備に一助となるよう理事役員一同
への協力要請がありました。
次年度、関会長の下、一人一人がJRICに出来ることを臆
することなく表現し、会の活性化に努めることで一致しまし
た。どうぞ宜しくお願いします。

森本奈津子さんの投稿です。 浅野が代行掲載しました。


s_CIMG0512.jpgs_CIMG0519.jpg

s_CIMG0522.jpgs_CIMG0523.jpg

s_CIMG0530.jpgs_CIMG0543.jpg

s_CIMG0545.jpgs_CIMG0546.jpg

 

地区別、分区・グループ呼称

2002年に全ての地区が地区リーダーシッププランを取り入れることになりました。
それまで設置していた分区代理(Group Representative)をなくし、ガバナー補佐
(Assistant Governor) が任命されることになりました。
 
英文のGroup を分区と日本では訳して使用していたわけですが、
従来の分区代理がなくなり、ガバナー補佐が任命され、ガバナー補佐の役割は
従来の分区代理とは大きく異なってきたので、分区という訳語もグループに
変えた方が、意識を変える意味でいいのではないか、ということで多くの
地区が「分区」から「グループ」へ変えたいきさつがあります。
 
あくまで日本における訳語の問題なので、従来通りの「分区」でも
「グループ」でもどちらでも良いと私は思いますが、「分区」という
訳語を使っていますと、どうしても従来の「分区代理」=「ガバナー補佐」
という認識をもちがちな方々もいらっしゃいますので、その意味では
変えられた方がいいのかもしれません。
いずれにせよ地区がお決めになることだと思います。
 
********************************************************
 関場慶博JRIC理事 配信メール
  Tuesday, April 29, 2014 8:25 AM (配信)
********************************************************
 

地区

地域(エリア)

分区・グループ呼称

ロータリークラブ数

2500地区

北海道東部

分区

66

2510地区

北海道西部

グループ

71

2520地区

岩手・宮城

分区

81

2530地区

福島

分区

68

2540地区

秋田

 

42

2550地区

栃木

 

50

2560地区

新潟

 

56

2570地区

埼玉西北

グループ

52

2770地区

埼玉南東

グループ

77

2790地区

千葉

分区

84

2800地区

山形

 

51

2820地区

茨城

 

58

2830地区

青森

グループ

41

2840地区

群馬

 

46

2580地区

東京・沖縄

分区

71

2590地区

横浜市・川崎市

 

61

2600地区

長野

 

55

2610地区

富山・石川

分区

66

2620地区

静岡・山梨

分区

78

2630地区

岐阜・三重

グループ

80

2750地区

東京・パシフィックベイスン

グループ

95

2760地区

愛知

 

83

2780地区

神奈川

 

63

2640地区

大阪府南部・和歌山

 

71

2650地区

福井・滋賀・京都・奈良

96

2660地区

大阪府北部

83

2670地区

愛媛・香川・徳島・高知

分区

74

2680地区

兵庫

グループ

73

2690地区

岡山・鳥取・島根

グループ

67

2700地区

福岡・佐賀/長崎の一部

グループ

61

2710地区

広島・山口

グループ

74

2720地区

熊本・大分

グループ

74

2730地区

鹿児島・宮崎

 

64

2740地区

佐賀・長崎

 

57

 

盛岡オフミと陸前高田RC創立50周年記念式典のご案内

陸前高田RCクラブ創立50周年記念式典に合わせて、盛岡オフミ(被災地視察付き)を、盛岡北RCの田口絢子さんを世話人として行います。
オフミだけの参加も大歓迎です。
 

盛岡オフミ(被災地視察付き)

◆開催日:平成26年6月20日(金曜日)
     「ホテルメトロポリタン盛岡New Wing」のロビーへ18時30分に集合
◆場 所:「番屋 ながさわ」(盛岡市内)
     http://r.gnavi.co.jp/t067800/
◆時 間:18時45分~
◆詳 細
盛岡オフミ&50周年式典.pdf
被災地視察は田口絢子さんが担当をします。
行程は変更となることもありますが、山田町の「鎮魂の鐘」や大槌町をご案内する予定です。
https://www.youtube.com/watch?v=VU9nOtnlKEY
https://www.youtube.com/watch?v=_dnC0cAmrcY
尚、ジャンボタクシー代の6万円は参加者での割り勘となります。
 

陸前高田RC創立50周年記念式典

◆開催日:平成26年6月21日(土曜日)
◆場 所:ホテルキャピタル1000
◆時 間:15時30分~20時00分
◆詳 細
50周年式典&懇親会.pdf
 
<重要>
盛岡オフミ(被災地視察付き)参加をされないで、陸前高田RC創立50周年記念式典へ参加希望の方も、永田さんへ連絡をお願いします。
JRIC枠で式典の席を管理しているそうです。
 
★世話人
 田口 絢子 (盛岡北RC)
 永田 雄治 (陸前高田RC)

 

米山梅吉記念館 春季例祭

日時:平成26年4月26日(土)14時~  

場所:米山梅吉記念館ホール

 
 ◆例  祭 及び 墓 参
 
 ◆講 演
   講師 水 野 正 人 氏 (東京RC)
          東京オリンピック招致委員会CEO
          日本オリンピック委員会名誉委員
          RI第2580地区2011~20112年度ガバナー
   演題 「東京五輪が国際交流に果たす役割」      
 
 ◆アトラクション ザ・ウエストサイズ(三島西RCバンド)
        クラシック、軽音楽、ボーカル
 
 ◆懇 親 会 講師・参加者ご一緒に懇親会
 
*登録料無料です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 
詳細は下記をご覧ください
米山梅吉記念館春季例祭ご案内.docx

 

北海道2500Eクラブ チャーターナイト

JRIC会員の皆様へ
 
先日、「北海道2500Eクラブ」の国際ロータリー認証の決定のご報告へ、たくさんの皆様から、お祝のメッセージを頂きまして、ありがとうございます。
 
お祝メッセージの中には「チャーターナイト」へ出席して下さるとのコメントを頂きましたので、最終決定しました。スケジュール等をお知らせ致します。
 
ご出席して下さる予定の方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませんか。
実行委員会から、正式にご案内状をお送りしたいと考えますので、送付先のご住所を合わせてお知らせ下さいますようお願い致します。
 
前回のご案内で、宿泊ホテルの予約の件をお書きしましたが、皆様やホテルとの連絡等で行き違いが起きましたら、ご迷惑をおかけします。
申しわけありませんが、皆様が直接お手配頂きますようお願い致します。
 
もし、宿泊ホテルの予約が難しい場合は、花田にご連絡下さい。
どうぞよろしくお願い致します。
 
・日 時 平成24年4月26日(土)
     13時(登録開始時間)~18時(記念祝賀会終了時間)
・会 場 旭川グランドホテル
     (〒070-036 旭川市6条9丁目 Tel.0166-24-2111)
・参加費 15,000円
・出席者ご氏名
・所属クラブ( 地区名 )
・ロータリークラブ、または地区での役職
・ご住所 〒
*複数でご出席頂く場合
・出席者ご氏名
・所属クラブ( 地区名 )
・ロータリークラブ、または地区での役職
・ご住所 〒
*ご質問、他連絡事項がありましたらお書き下さい。
 
上記必要事項をご記入の上、コピー&ペーストで、下記花田のメールアドレスに転送をお願い致します。
 
**花田善廣 北海道2500ロータリーEクラブ・副会長**
**クラブ奉仕委員長(兼)・出席委員長(兼)**
〒088-0611 釧路郡釧路町豊美2-14-11
TEL.0154-36-0140 FAX.0154-36-0238
Email:abs_k@xpost.plala.or.jp    ←  ここに送信下さい。
carry phone.090-5075-7412

 

~学友を通して日モンの新たな架け橋に~

天童RCの松村さんのPDFファイルを掲載します。
matsumura.jpg

    このPDFをご覧になるには右をクリックしてダウンロードして下さい。  学友を通して日モンの新たな架け橋に(e).pdf 
  -------- ファイル容量が大きいのでご注意ください。7369KB ----------

 

■JRIC ML(2013.07.22バージョン)がスタートします。

■JRIC ML(2013.07.22バージョン)がスタートします。

新バージョンの特徴

1.ipadをはじめとするタブレットに対応しました。 html形式、UTF等の文字コードに対応して文字化け対策をしました。

2.メールへの添付ファイルが可能になりましたので、以下の要領でご利用ください。
 2-1.メールへの添付方法
 添付ファイルは通常のメールと同様に添付して送信して下さい。
 添付可能ファイル形式はexeのみ制限してあり送れません。

 2-2.メールへの添付ファイルの閲覧方法
 メールに添付されたファイルはサーバー上に保存されます。 メール受信時にはダウンロードしませんのでメールサーバの使用容量を気にする必要はありません。
 閲覧するには本文の最終行記載されたリンクをクリックすると閲覧可能です。
 会員のパソコンに添付ファイルに該当するソフトがない場合はダウンロードされます。

 また、添付ファイルがある場合は、本文の最初に以下のコメントが挿入されます。
 
『このメールには添付ファイルがあります。
 本文の一番したのリンクをクリックするとファイルをダウンロードできます。』

本文末尾に記載されるリンクの例
Hi. this is the jricML-send program at jric.or.jp
Click on the link for the file you wish to download.
http://www.jric.gr.jp/download1/xxxxxxxxxxx.txt  <-----ここをクリックしてダウンロードします。


3.容量制限
 添付ファイルの容量制限は特に設けておりませんが、YouTubeと同様の100M以内を目安にご利用下さい。


4.MLには番号がついています。
 JRICML0001の形式

5.返信はMLに配信されます。
 通信内容にご注意下さい。

6.JRIC MLシステムはウイルススキャンをしておりません。
 ご利用のPCにはウイルスソフトを稼動させてご利用下さい。


7.機種依存文字
 各パソコンで作成した外字や、アップル製品のみで対応している機種依存文字はMLでは利用できません。もし利用された場合は、?に置き換えられますのでお気を付け下さい。

8.重複符号化文字の利用不可
JRICMLは投稿された色々な文字コードをJISに変換して一斉送信します。
Unicode(UTF-8)には、同じ文字であるのに複数の文字コードが与えられている文字が存在します。
これは重複符号化と呼ばれます。
これらの文字をJISに変換した場合は、文字化けを起こす可能性がある為使用をお控えください。


セント記号(¢)、ポンド記号(£)、ノット記号(¬)、二重縦線(∥)、マイナス記号(-)、波線(~)、濁点(゛)、半濁点(゜)、アンド記号(&)、半角の濁点、半角の半濁点


9.ML使用時のサーバー負荷について
 MLは通常のメールシステムとはメール配信についての方法が異なりますが、基本的には同じです。
 メールを配信する数量が多くなれば、サーバーの負担は大きくなります。
 JRICの場合は、起こらないと思いますが、仮に300名の会員が、ある1つのMLに対して一斉に返信したとすると300*300=90000
で90,000通のメールを配信することになり、メールサーバはダウンする恐れもあります。
 JRICの安全のため、適当な返信でお願い致します。
 
■新ML過去メールの取得方法
 JRIC MLで過去メールを取得したい場合 (何らかの事情でメールを取得できなかった場合など)
 以下のアドレスに取得したいML番号を記載して送信してください。
 送信先アドレス   memberml-ctl@jric.gr.jp

 メール件名 LIST
 メール本文の1行目
 1-10  1番から10番までのメールを取得したい時
 5-5   5番のメールを取得したい時

既存のメーリングリストエンジンでは、対応不可能だった為、UTF-8や各種タブレットにも対応可能なメーリングリストを独自開発しました。
テスト段階では文字化けは皆無でしたが、今後の運用でもし発生した場合はシステム管理者にご連絡下さい。